未分類

【与信を最大限活用】独立・フリーランスになる前にやっておくことNO.1

サラリーマンを辞めて独立する!!
フリーランスとしてやっていく!!
とお考えのあなた!

辞める前に絶対やっておかなくてはならないことがあります。
それはタイトル通り、サラリーマンの間に
『サラリーマンとしての与信』を使っておく。
ということです。

こんにちは!Hiroです。

今日は与信についてお話します。
与信をおさえておかずして独立するのは
投資的観点からはナンセンスなので
きちんと与信について学んだ上で独立・
フリーランスとしてやっていきましょう!!

そもそも与信とは??

簡単に言えばその人の価値がいくらかお金に換算する
ことです。
3年間大企業に勤めていれば何千万円ものローンを
組んで家を建てることができます。
これはローンを組んだ人が先々お金を返せる見込みがある
から貸してもらえるんです。

逆に独立して3年経っても何千万円ものローンを
組んで家を建てることはできないでしょう。
これはローンを組んだ人が先々お金を返せる見込みが弱い
と判断されるためです。

つまり、同じ3年でも会社勤めの人と独立した人とでは
国からの信用が違うんです。

 

どうして会社員は信用してもらえるのか??

それは、簡単です。
会社員として働いていればとりあえず毎月安定した
お給料がもらえる可能性が高いためです。
ポンコツ社員だろうが優秀な社員だろうが毎月もらえる。
毎月一定のお金が入る。これはお金を貸す側にとって
とても重要なことです。

それに、何十年も続いている会社がそんなに簡単に
潰れないだろう、と思われることも一因としてあります。

じゃあ個人に信用がないのはどうして??

それは会社員と逆だからです。
自分が働かなければ毎月お給料がもらえるわけではない。
ポンコツ起業家なら稼げない。
優秀な起業家でも稼げるかどうかわからない。
毎月一定の額を返してもらえる保証がない。
何十年も続いてきた実績もない。

つまり、長く続くか判断しにくいことに弱点があるのです。

じゃあ、何年個人としてやれば信用されるの??

ズバリ、5年以上が一つの基準です。

5年黒字経営を続けると銀行から融資・ローンが組める
確率が高くなります。

サラリーマンのうちにローンを組んでおく!!

これが手っ取り早いです。
会社員だと通るものが独立してからだと否決される。

日本は個人に対しての信用がまだまだ薄い。
わざわざわかっているのに独立してから
苦労する必要なんてありません。
そんなことに労力使うだけ無駄です。

・クレジットカードの申し込み
・不動産のローン・融資
・開業届を出して黒字経営を最低3期

この3つをやっておいたほうがいいです。

まとめ

要は勢いだけでなく、きちんと準備して独立しよう。
ってことです。
準備せず勢いや気合で辞める人が多すぎるから
独立してお金稼げず生活苦に陥って会社員に戻る、
人が多いんです。

僕は は2016年から会社員の傍、開業届も出し、
今の所2期黒字経営です。
ブラックカードも20代で手に入れることができたし
慌てずコツコツ続けることです。

ともに頑張りましょう!!!!!!!!!!!

 

ABOUT ME
mioku
マイオク式海外駐在から得た英語習得法、オンライン英会話実践のススメ、学生時代から始めた投資、、、その全ては筋トレの継続と健康にアリ